商品検索 商品カテゴリー
 

   陶器の取り扱いについて
 
陶器には、土の粒子と粒子の間に隙間がありますので、水分を吸収しやすい性質を持っています。
色の濃い料理や油分を含んだ料理を盛った後には、
その隙間に染み込んで汚れとなってしまいます。
これは和食器にみるひとつの特徴で、昔はこれを侘び寂びの味わいとして使い込む器の景色と解釈されていたそうですが、なるべく染みは防ぎたいと思われる方は
初めてお使いになる前に、軽く水で洗った後、充分な大きさの容器に水を入れ一晩浸けておいて下さい。
粉引などの軟質の土ものや釉薬がかかっていない焼締の器などは、お料理を盛る前にも軽く水に浸しますとより染み込みにくくなります。

まれに吸水させたあと、貫入に入る吸水染みがなかなか取れないものがありますが、1週間ほどおきますと自然に乾燥してなくなります。

  
貫入とは釉薬(うわぐすり)と粘土の収縮の差によって表面に入るヒビ状のものです。


使った後は、しっかり乾燥させてから食器棚にしまいましょう。
水分を含んだまましまうと、カビや臭いの原因になります。
食器洗浄機や電子レンジは使用できます。
陶器は、使い込むほどに味わい深くなります。大切に、末永くご愛用ください。

 

 

RSSATOM